あってよかった周辺施設、便利な住まいのポイントは

やっぱり近いほうが便利、駅やバス停。

住まい探しをする時に、何を重要視するかは人によって異なります。静かな環境を好むので繁華街から離れた住宅地がよい、あるいは通勤が楽なほうがよいのでできるだけ駅に近い物件がよいなど、ライフスタイルによって住まい探しのポイント選びも違ってきます。
しかし便利な住まいという観点で考えると、交通機関が近くにあるかどうかはやはり重要な要素と言えるでしょう。
例えば大雨の日に外出する場合、駅まで20分かけて歩かなければならない物件であれば、傘をさしていても駅に着く頃にはびしょぬれになりかねません。
必ずしも駅の近くでなくてもバス停がそばにある物件であれば、雨の日は最寄り駅までバスに乗車することができるのでとても便利です。
また、雨で駅まで歩くのがおっくうだから外出をやめてしまうというようなことも少なくなり、行動範囲も広がるかもしれませんね。

コンビニやスーパーが近くにあれば、買い物もノンストレス

毎日生活していると、当然のごとく食料品や生活雑貨はどんどん減っていきます。いくらネットでまとめ買いしていても、ついうっかり醤油を買い忘れてしまったり、ティッシュの在庫がなくなってしまったりという経験がある方も多いのではないでしょうか。
そんな時こそ近くにコンビニやスーパーがあると非常に助かります。
一つ二つの買い物をするためにわざわざちょっと離れたところまで出かけるのは面倒だという場合でも、歩いて数分でさっと買い物ができるのであれば出かけようという気分になるのではないでしょうか。
会社や学校へ毎日通っている人は、通勤や通学の帰り道にコンビニやスーパーがあるとなお便利です。
生活で必要な雑事ではありますが、近所で手早く済ませることができればストレスなく買い物することができるでしょう。